Live


 

 

 

CANVAS Live Schedule

                          
⇒CANVASまでの地図
 


 <問い合わせ,電話予約>

キャンバス 0265-52-3620  キッチンカノン 0265-24-6774
090-3587-9401(桑原)
 
黄色で示されたLIVEについては下記でチケットを販売しています
また,CANVASではメールでも予約を受け付けます
[mailto] canvas@mis.janis.or.jp


キャンバス 0265-52-3620   キッチンカノン 0265-24-6774
飯田平安堂各店

Facebook CANVAS Page



2016


7月


7/23(土)trigraph
(トリグラフ)

尺八からピアノ、ギターほか、様々な楽器を自在に操り独自の音楽を生み出す奇才・小林鈴勘、2005年ギブソンジャズギターコンテスト優勝、現代のジャズシーンでもっとも活躍しているギタリスト・馬場孝喜、数々のコンテスト受賞歴をもち、エモーショナルな歌声で魅了するシンガー・石川早苗の3人からなるバンド。
Jazzスタンダードやブラジル音楽はもちろん、Soul、Pops、Beatlesなど幅広いジャンルのカバー曲からオリジナルまでを、万華鏡のようにカラフルに、バラエティ豊かなサウンドで綴る。
2月に行ったLIVEがとても素晴らしく、アンコールライブとなりました!!

open/18:30 start/19:00

料金 4,000円 高校生以下 1,500円


7/30(土)★Tammy レコ発ツアー長野
    ハリケーン☆マッシュとやるやで♪


【時間】open 18:00 / start 18:30
【料金】前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500
【住所】長野県飯田市知久町2-1 熊谷ビルB-1
【TEL】0265-53-6652
【お店WEB】http://www.mis.janis.or.jp/~canvas/PCpage.html
【チケット予約】http://www.tammyyanen.com/ticket



7/31(日)TReS(永田利樹b、RIO bs 早坂紗知sax)

TReS /トレス
永田利樹(コントラバス)、早坂紗知(アルト、ソプラノサックス)に、息子であるRIOをバリトンサックスに加えたトリオ。2012年4月アルゼンチン公演の為に結成された。現在は東京を拠点に日本全国をツアー活動中。ピアゾラやモダンタンゴ、ブラジリアンミュージック,ジャズスタンダード、各自のオリジナル曲などを変則的なトリオで演奏し、今までになかった新しいサウンドを展開。2013年にCD「Escualo」、2014年に「LaLuna Roja」をNBAGI Recordからリリース。2014年11月、12月には南米ツアーを敢行。ブラジルではベロオリゾンチ「Minas Gerais大学」、リオデジャネイロ「TribotzClub」においてCliff Korman,Kleberson Caetano等と共演。アルゼンチンではブエノスアイレス国際ジャズフェスティバルに日本人グループとして初めて参加。他にもブエノスアイレスのジャズやタンゴのクラブに多数出演し好評を博す。また、RIOの高校時代の留学先でもあるリオガジェゴスからパタゴニアをツアーし歓迎と絶賛を受ける。

早坂紗知(Alto,Soprano sax,作曲)
 大学卒業後、「Stir Up!」というユニットでデビュー。日本で初の女性サックス奏者として注目される山下洋輔パンジャオーケストラ、原田芳雄フラワートップなどを経て、 1987年にドイツのミュージシャン(ハンス・ライヒエルg)に招聘されヨーロッパツアーを行う。以後、ドイツ、NYなどのジャズフェスティ バルに参加、 大好評を博す。また、2/26に毎年山下洋輔氏とバースデイコンサートを行っている(今年で29回
目)。1998年5月にサックスカルテット(林栄一、菊 地成孔、川嶋哲郎、津上健太、吉田隆一)+1のグループ 「Black Out」、2002年6月にはヤヒロトモヒロ、大儀見元、ワガン・ンジャエ・ローズなどのパーカッションを中心とした「Minga」を結成し、minga1枚目のCDはジョンゾーンのTzadikから世界発売された。2010年NYでのラ イブ録音「East Village Tales」を発表し、2012年5月に3枚目「LaMaravilla/ラ・マラビージャ」をリリース。ちなみにこの曲は福島の復興支援サイト「Project FUKUSHIMA」でDL募金を展開中。

永田利樹(Bass,作曲)
1980からベーシスト、作曲家として活動を始める。1990年代には早坂紗知stir upのメンバーとしてドイツ・メールスJAZZ祭、ニュールンベルグ大聖堂でのOstWest Festivalなどヨーロッパ各国のフェスティバルに参加し好評を博す。NYのライブハウスにも活動の場を拡げ、レオ・スミス(tp)フェローン・アクラフ(dr)ジョッシュ・ローズマン(tb)などNYのミュージシャン達との交流も深めている。自己のグループ『MAU』ではDennisBovellプロデュースによるCD「Jazz Dub Dub Jazz」をリリース、他「早坂紗知Minga」「藤井郷子オーケストラ」「カルメン・マキ・ユニット」「Pheeroan Aklaff Freedumsuite trio」等でベース奏者また作曲家として活躍中。

RIO (baritone sax,作曲)
1993年5月24日 東京生まれ。永田利樹と早坂紗知の息子として生まれ、中学1年に吹奏楽部でサックス を始める。高校2年の時にアルゼンチン(パタゴニア)に1年間語学留学、地元ラジ オ、美術館などでソロ演奏を行った。帰国後、17歳で東京のライブハウスでデビュー。早坂紗知「Minga」のアルバムに参加。国内ツアーを行う。2012年「TReS」で初の海外ツアー(アルゼンチン)を行い、パタゴニアでも凱旋コンサートを行いテレビ局やラジオなどでも大人気となる。2014年「東京中低域」に参加。同年秋、「ブエノスアイレス国際ジャズフェスティバル」に出演し、演奏とMCの大役を務めた。2015年、自己のグループ「東京ファンク・バイ・ピエロ」を始動。現在、バリトンサックス集団「『東京中低域』『渋さ知らずオーケストラ』のメンバーとしても活躍中である。

18:00open   18:30start
前売り 3000円   当日 3500 円(ドリンク別)



8月

8/13(土) 宮下文一2016 LIVE
         
ヒトリヨガリ in 飯田 Vol.


ボーカルグループJIVEのリーダーであり、コーラスアレンジも彼が担当している。その素晴らしい歌唱力で中島みゆきや吉田拓郎などのコーラスとしても参加。厚いコーラスワークの中では低音部を担当する彼が存分にその魅力を聞かせるソロライブです。飯田市出身。 

16:30open   17:00start
前売り 3000円   当日 3500 円(ドリンク別)



8/19(金) 近藤房之助×加藤エレナ DUO LIVE

近藤房之助のトラディショナルなBLUES、加藤エレナのニューオリンズスタイルのキーボードプレイは二人のライブと感じさせない分厚いアンサンブルを奏でるステージは必見です。


近藤房之助

1951年生まれ。日本では数少ないブルース・シンガー。76年京都にて伝説のバンド、BREAK DOWNを結成。90年にLIVEアルバム『ハート・オブ・ストーン』でソロ・デビューを果たす。また、同年、企画バンド「B.Bクィーンズ」に参加、テレビ・アニメの主題歌「おどるポンポコリン」をリリースする。この老若男女楽しめるパーティー・ソングは超絶的なセールスを記録し、その年のレコード大賞をも獲得するに至った。コミカルなキャラクターを売りにした芸能界的な活動と、B.B.KING、OTIS RUSH、BOBBY “BLUE”BLAND、STUFFなど海外のミュージシャンと共演する傍ら、日本に於いても数多くのミュージシャンに影響をあたえ続け、コアなファンをつかんで離さないディープな音楽活動の両立を果たしている。
http://www.fusanosuke.net/

加藤エレナ

在学中に受けたオーディションをきっかけにCM音楽等の楽曲制作、スタジオレコーディン グ、ライブツアーを中心に活動。
渡米。ニューオリンズにてセッション。
BLUES CARAVAN JAPANツアー2007、2009年シカゴブルースギタリスト、『カルロス・ジョンスン』のツアーキーボディストとして活躍。
また、シンガーソングライターとしても活動、様々なバンド、セッションでのライブも勢力的に行っている。
<オフィシャルHP>http://www.elena-kato.com

18:30open 19:00start
前売り 4000円  当日 4500 円 (ドリンク代別途必要です)


8/30(火) THE NOISE

類家心平(Tp) 古谷淳(Pf) 田中"TAK"拓也(Gt) 中西道彦(Ba) 松下マサナオ(Ds) 

18:30open   19:30start
前売り 3000円   当日 3500 円(ドリンク別)


9月


9/9(金)Inoue Ohana

<Inoue Ohana>

      Kathie Inoue : Vocal,Ukulele,Perc

      Keni Inoue : Guitar,Chorus,Vocal

''Kathie & Keni Inoue''名義で活動していた、Kathie Inoue
と、Keni Inoueの二人が中心になり、ハワイや日本のオハナ(ハワイ語でFamilyとか仲間の意)達と結成される。アロハなスマイルを愛するハッピーアイランドレゲエバンドとして、ハワイで、又北は青森から南は沖縄までの日本全国ツアー"Happy Island Tour"や、各地のオハナ<ハワイ語でFamilyや仲間の意>(フラ、スラッキーギタリスト)達とのコラボなど、精力的なライブ活動を展開中!!
今回は中心メンバー二人によるCANVAS初ライブ”!!

open/18:30 start/19:00

料金 3,000円  高校生以下 1,000円



10月

10/30(日) かれいどすけーぷ

ジャズ界において、もっとも遠い両極の感覚の2人、前田祐希(Vocal)と、松井秋彦(作編曲、マルチパフォーマー,p,g,b,ds)が繰り広げる、13年100曲、日本全国&海外における活動をしてきた百戦錬磨のマルチカラーデュオ!7つ言語(日本語、英語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ラテン語、スキャット)に、7つのジャンル(ジャズ、クラシック、ラテン、ボサノヴァ、サンバ、ポップス、CPJ)で百花繚乱のハーモニーとリズムで、2人ながら虹色のサウンドを繰り広げます!

前田祐希(Vocal)
ヨーロッパに渡りクラシック畑で活動の後、帰国後なぜかジャズの水田に迷い込み、イーストワークスから、あらゆるジャズピアニストとひとつのアルバムで共演するという「JAZZ AGE」(2枚組)をはじめとして、「One Touch of Weill」、「Every Time We Say…」と4枚の作品を、そして、おーらいレコードからQuipuの「天上の夢」、「両手いっぱいの風景」。他にもレコーディングに関しては枚挙に暇がないが、クラシック、現代音楽、ジャズ、フリージャズ、ポップス、ミュージカル、唱歌など、彷徨い続けてきたジャンルの数も霧につつまれ、およそわけのわからない活動をしてきている謎のボーカリストである。かつての高音域のオペラボイスから、低音域へと、いろんな音域のアルバムをジャズの世界へ。

松井秋彦(Piano,Guitar,etc.)
バークリー音楽大学に奨学生として在籍中あらゆる賞を受賞して、各紙で絶賛され、在学当時から世界でも前例のないレベルのマルチインストゥルメンタリスト(Piano,Guitar,Bass,Drums)、そして作編曲家として先駆的なジャズの活動を繰り広げてきました。CPJ(コンテンポラリープログレッシヴジャズ)というコンセプトを立ち上げ、Junky Funk(キーボード系) LineDrive(ギター系)Jackpot(ベース系)Groove X(ドラム系) Fjord Sound(ボーカル系)の楽曲を演奏し、レコーディング、そして全国、海外にて活動しています。同時に、東京にMujik Clinique JJというスクールも立ち上げ、気鋭のジャズミュージシャンを次々に繰り出しています。
CPJから厳選した50曲の世界でもっとも難しい譜面集 mujik CPJ 、それから更に厳選10曲を松井秋彦のマルチパフォーマンスでレコーディングしたalbum CPJ 、そしてコンテポンラリーなハーモニーやポリリズムまでを解説した前代未聞のジャズ理論書book CPJ を制作、発表して、全てにおいて前例のない活動を続けています。その全貌は多岐に渡り、常に未来的な、前例のないメロディー、ハーモニー、リズムを駆使した最先端の音楽を提供し続け、商業化の波に押し流され衰退する世界の音楽にスパイスを贈り続けている。

前田   http://www.maedayuki.com/
松井 http://www.graphic-art.com/cpj/
松井サイト内のかれいどページ
http://www.graphic-art.com/cpj/?page_id=46
かれいどYou Tube
https://www.youtube.com/user/telekaleidoscope

14:30open 15:00start
前売り 3000円  当日 3500 円 (ドリンク代別途)



11月



12月