TOP  農園紹介  取扱商品  農園の現在  くだものミニ知識  周辺観光  お問合せ
りんごの保健効果

「一日一個のりんごで医者知らず」の諺があるように、りんごには様々な保健効果があります。 主な効果は下記のとおりです。

血圧調整効果
りんごを多食する人には高血圧症患者が少ないといわれています。その理由は、
りんごに含まれているカリウムが、体内の過剰のナトリウムを排除してくれる。
りんごに含まれているペクチンやビタミンCが善玉コレステロール(HDL)値を上げ 悪玉コレステロール(LDL)値を下げることなどによります。
一方りんごは、漢方でいう温性と補性をもっていますから、貧血による低血圧症を防ぐ効果ももっています。

血糖値安定効果
りんごに含まれるビタミンCなどが、糖の代謝を促進するインシュリンのような働きをしてくれるので 甘いりんごを多食しても血糖値が急上昇する心配はありません。

抗酸化作用
最近、体内で発生する活性酸素が老化を促進し、ガンをはじめ多くの疾病の元凶で あるといわれ活性酸素を抑える抗酸化物質を含む食品が注目されています。 りんごにはビタミンCやカテキン、カフェー酸、クロロゲン酸などのポリフェノール系 抗酸化物質が含まれているから十分効果が期待できます。

便秘及び下痢防止効果
りんごには、ペクチンなどの食物繊維が多量に含まれていて、腸の運動を促進し、便秘や腸内異常発酵 を防ぎひいては大腸ガンの予防に役立ちます。一方りんごには漢方でいう升性と収性をもっていて下痢や 頻尿を防ぐ作用を持っています。

抗ヴィルス作用
前述の抗酸化作用を持つ物質は抗ヴィルス作用をもっています。従ってりんごを食べればヴィルスに 対する抵抗力が増し、例えば流感にかかりにくくなります。


以上述べた効果は、りんご以外の果物にも共通している点が多くあります。しかし りんごの特徴は、効果が温和で片寄らず、種々体質の人について、また広範囲の症状に対して効果があることです。 そして過剰摂取の害がほとんどありません。
病人の見舞いに果物を利用することが多いですが、症状と果物との間には相性があって 場合によっては効果を発揮しないこともあります。この点りんごはその心配がほとんどありません。

ジュースは生果に比べて有効物質の含有量が減少しているので、保健効果はやや劣らざるをえません。 しかし、100%ジュースである限り、生果に準じる効果が期待できます。


梨は健康食品

秋の味覚、伊那谷特産の梨は山野に自生する梨を祖先が幾世代にもわたって 水菓子として改良してきた百果の長です。その多汁質の爽やかな味わいは格別です。
薬用効果
中国では古くから「百果の宗」と呼ばれ昔から古く利用されてきました。 漢方では通常、熱があって咳きがでて、痰がきれない時、また風邪や扁桃腺炎などで口が渇き のどが痛むとき、または暑気当りや糖尿病の初期で喉が渇く時に用います。また便秘症にも良いです。

梨は健康食品
@生のまま食べられる。
A低エネルギー食品(肥満・高脂血症、糖尿病などの予防に)
Bカリウムが多い(体内の過多のナトリウムを体外へ)
C水分が多い
D糖分、りんご酢、クエン酸、ビタミン類を含む。
E無理なく減塩
F必ずよく噛んで