2001.11.25
天竜川はとても好きな川です。小さな時からそこに流れていて、あたり前の川ですが、 その河原で過ごすひとときは、緊張しながらも穏やかなひとときです。 そして多分、豊かな包容力をもっている川です。
鵜(う)もそうですが、きっとどこかが暮らしにくくなってやってきたのでしょう。 きっと以前から居たのでしょうが、ここ数年は目立ってその姿を確認できます。
中川村の坂戸の橋の下では、数羽の鵜が越冬しているのが去年は見れました。(ローカルニュース)? それに、よく自然のシンボルのように描かれるカワセミも、天竜川の河原に1時間も座っていれば必ずと言っていい程見ることが出来ます。
そう考えると、ちょっと気を付けてみれば、全国の川や山にはきっと沢山の生き物がいるのでしょう。
イタチ、キジ、ヤマセミ、カワセミ、チドリの仲間、アジサシの仲間、たぬき、きつね、 ネコ、ヘビ、トビ、チョウゲンボウ、タカ、スズメ、セキレイ、モズ、カラス、ヒワ、ムクドリ
天竜川はとても好きな川です。