インディアン2 2002.04.18

インディアン に興味を引かれる理由ですが、アメリカを耕した人間達の凄さかかな、、、
インディアンも開拓民も奴隷達も、北アメリカも南アメリカも。
「大草原の小さな家」とか「OK牧場」とか「シェーン」、、
最近は見て無いですが、あの世界が好きなんですね。
(オールドウェスト)、(アーリータイムス)など「古き良き時代」と訳される頃。
時代的には西部開拓の終わりに近付いた頃。
インディアンと共存していた人達も居たのですが、
政府の方針で、悲惨な結末を迎える事になっなってしまって、、。
最後の大きな事件になった、有名なウーンデットニーの虐殺が、1890年です。
日本で言うと日清戦争前後の頃。何年も前、アメリカ海軍は遥か日本にやって来ていたのに、
中西部では、インディアンの最後の土地を取り上げるのに躍起になっていたころのこと。
大昔のように感じますか?私は意外にそうでも無いと考えています。
おなじ時代を生きていた「身近」な人がきっといますから。

最近、なぜかインディアングッズが流行っているようですが、(ジュエリー、ドリームキャッチャー、、)
自然を大切にする運動が、インディアンブームをうんだみたいです。
インディアン達は「コロンブス」から続く迫害の500年の中で、
「自然を切り刻んでばかりでは、いつかしっぺ返しをくうぞ。」と言う事を何度も言って来ました。
その事から、自然保護運動の人達がインディアンの考え方を学びはじめ、
いつの間にか「Native American」がブームになっているのだと思います。
是非、流行りのまま終わらないようにお願いします。

私がインディアンに興味を持ったのは、多分映画の影響でしょう。
駅馬車に襲い掛かる姿だけではなく、人間性をかいた映画があったからです。
昔のことで題名は覚えていませんが、
とにかく、戦争ばかりしている民族なんていないだろうと思っていましたから、
その映画を見て、安心した事を覚えています。

私は、インディアン達の考え方(哲学、宗教)が、自分の生活のヒントになればと思っています。
それは、生物として、宇宙のなかで生きて行く事、のような、、、
私が書くとウソ臭くて、上手く伝わらなくていけません、一冊何か本を読んでみて下さい。
ちなみに、インディアンの言葉の中で、好きなのを一つ、、

「男と過ちを犯したからって、両親は娘を家から追い出したりはしない。
 娘が子どもを何人つくったってかまわないさ。いつだって歓迎だ。
 みんなに食べさせるよう、鍋はちゃんと火にかかっている。」
(めるくまーる社 「俺の心は大地とひとつだ」)より

それと、先ずなにか読んでみようと思われた方におすすめ、
フォレストカーター著 めるくまーる刊  「リトルトリー」