もう一つのワールドカップ 2002.06.04

いま、日本中がサッカーワールドカップに夢中です。
開催国であり、身近に試合を見る事が出来ること、多くのチームが日本でキャンプを行った事、
なにより、試合をTVで観るにも時差がない事は、
夜中に次の日の仕事を気にしながらTV観戦していた前回とは違い、
生活のリズムの中にワールドカップを取り入れる事ができるので、
サッカーファンでなくても、ついつい観てしまうのではないでしょうか。

そんな中、私めがとても注目している試合があります。
6月16日 国立競技場 日本対韓国
ん?そんな試合は無い?、、、でもあるのです。国立競技場のスケジュールに書いてあります。
そうです、サッカーワールドカップの試合ではありません。
2003年 オーストラリアで行われる、ラグビーワールドカップのアジア地区予選です。
この日から、来年のワールドカップに向けた日本ラグビーの戦いが始まります。

格闘技以外で、これほど生身の人間がぶつかりあうスポーツも無いでしょうが、
それだけが魅力ではありません。
走る姿が美しいんですよ、これが、、。

近年、競技人口が減少する中で、ラグビーの関係者達もいろいろ考えています。
ラグビーのプロ化、12人ラグビー、7人ラグビー、女子ラグビー、タグ.ラグビー、、、
ルールが分かり難いと言いますが、何かの機会に覗いてみて下さい。
ぶつかり合う紳士たちを。