毛虫 2002.06.23

久しぶりの(約一ケ月)、釣りをして来ました。

今日の目標。「ま、楽しんでこよう」
と、言うのも、この時期の渓は毎年恒例で同じような結果だからです。
理由1。鮎釣りが始まっていて、渓には人がいっぱい。
理由2。稚魚が放流されたばかり。(主流はアマゴ、でイワナ、他)
つまり、釣れないんです。(言い訳、以上)

取りあえず4時間程の計画で、ホームグランドへ。
今日は支流へは入らずに本流のみで、釣れなければそれでも良いから、
稚魚と遊ぶつもりで行きました。20センチサイズ以下はリリース。
(稚魚と遊ぶのもけっこう楽しい。)
県外からはこの稚魚を狙ってくる人もいます。(ルール違反ですが、その事はまた別の機会に)

いつも入る堰堤から下には、街よりも多いくらいの人がいて、当然鮎ねらい。
堰堤から上には、なぜか人がいない。これならなんとか成るかと入渓。
実は、帰りに渓を下ってくると、堰堤の上にも人が入っていて、
どうしてこんな所までと思うようなところにも鮎釣りの人がいました。
つまり、ラッキーだったんですね。

渓に入ってまず出迎えてくれたのはオタマジャクシ。
とにかく数多くいるのと、種類も多い。
そして、ヘビ。お互いに驚いたのですが、見ていたら渓に潜って石の下でとぐろを巻いて、
固まってしまいました。ヘビも素潜りの名人のようです。

さて、釣りはといいますと、案の定、稚魚。
「ただ今、糸を垂れますと、もれなく稚魚がついて来ます。」
魚信どころでは無く、流れて行く餌に群がって つっつく稚魚達。
稚魚対策をしているのですが、それでもたまに引っ掛かるのがいます。

でも必ず 20センチ1尾は釣れる、、、、はず、、、、
その後ヤマセミのお出迎えで気分を良くして、、、、、、
4尾のお持ち帰りになりました。

ちなみに、家で腹を割いてみると、胃袋がパンパンに張っていました。
こんなに食べているのにまだ餌に食い付いて来るんだな〜、、
で、、何を食べているのかと見てみると、7〜8センチの緑色の毛虫。
これは、家族には内緒です。