我慢?  2002.09.02


仕事の中で思う事。都会はまだまだ仕事がある。

私の済む地域から、長野県を代表するような精密工場が無くなります。
それは、中国をはじめとする国々への、生産のシフトが原因でしょう。
教育県から、蚕糸県へ、そして精密を中心にした工業県へ、、、でも、、
今、失業したら、次の仕事はありません。

この不景気を和らげるには、公共事業が大切です。
ゼネコンをはじめとする建設会社や、土建会社に、
国のお金を廻す事で、多くの下請け会社の社員が助かり、
夜、お酒を飲みに出掛ければ、若者もつられて、街は活気に溢れます。
何か買い物をすれば、周りの家も真似をして買い物をします。
DVDを買えば、3ケ月後には向こう3 件がDVDを買っています。
地方の主要産業の建設会社に活気があれば、それだけで地方は潤おうのです。

仕事の中で思う事。都会はまだまだ仕事がある。

地方の不況は大変です。
それでもなぜか、今回、田中さんが知事に選ばれました。

今月の支払いに苦労している個人商店のオヤジが、
来月にはリストラされるかも知れない、若い父親が、
職安へ通う、共働きを続けて来たお母さんが、
就職先が無く、フリーターをしている若い才能が、、、
1票を入れたのかも知れません。

以前、総理大臣が言っていた「痛みを伴う、、、、」でしょうか?
今は、辛いですが、きっと良くなる。 誰もが信じています。
指名されれば、誰もが立ち上がる気力を感じます。
もう4年間、、、我慢しましょうか?、、声を上げましょうか?