恵み  2002.10.30


あっという間に秋になってしまいました。
風越山には、観測史上ニ番目と言う早さで、雪が降りました。
紅く色づく山なのですが、、、
華やぐ前に茶色くなってしまわないかと心配です。

寒さと共にやって来たのが、澄んだ空気でした。
久しぶりに中川村まで龍東線を走りましたが、
その気持ちの良いことと言ったらありませんでした。
この時季、伊那谷は、柿のオレンジとリンゴの赤でにぎやかです。
特に今は柿のあざやかなこと。
木をしならせているものや、家のまわりに柿すだれとなって並んでいるもの、
ここのところの朝霧が、柿の季節だと言うことを思い出させてくれました。

しかし、不満が一つ。、、、松茸。
上伊那では採れているそうですが、下伊那ではぜんぜん。
一月からの降水量が、今年は記録的に少なかったのです。
毎年鳴っていたはずの呼び出し音、大工さんからの電話、、、
「おーい、松茸いるかー?、、いるんならとんでこいよ。」
今年は掛って来ませんでした。
いつも、その日には、松茸ざんまいの夕飯なのになー、、、