電波  2002.11.26



今年の春、私の友人が家を建てました。
友人は、家を建てるにあたって、いろいろ悩んでいました。その一つがこの鉄塔でした。
私は、この鉄塔が日本中に有ると思っています。
間違っていたら御免なさい。
これは、NHKのラジオ電波塔です。
NHKの電波を日本全国に届ける為の大切な電波塔で、
民放の電波が届かないところにもNHK電波は届くはずです。

彼は、コンピュータで仕事をする事が有り、インターネットの環境には注意していました。
ところが、ほんの数百メートルで、ブロードバンドの環境が使えませんでした。
仕方なくNTTのサービスを利用するのですが、そこで、浮上したのがこの鉄塔でした。
彼の家がこの鉄塔のすぐ近くにあるのです。電波が影響するんですね、、、!
以前から注意していたのですが、家を建てるにあたって、電話配線はシールド線にしてもらいました。
必要と思われるところには配線をしてもらったようです。
インターネット通信中に、雑電波で妨害されるのが嫌だったからです。

「電波、電磁波」、、身体への影響がいろいろ言われておりますが、
大丈夫と思いつつも、影響がないとは思い切れません。
私は、その影響が心配ですが、どうすればいいのかは分かりません。
とにかく「電波、電磁波」は生活の中に必ず在るものになっていますから、
否定したり、拒んだり、無くしたりはとても無理です。

さて、友人は出来上がった家に思っていた通りの家具の配置をして、コンピュータを置きました。
モジュラーからコンピュータまで、電話用の延長配線コードをつなぎ、
『ON』、、、、、、、、、、、、、
コンピュータのスピーカーから、ラジオの音声が流れて来ました。

試験の結果、彼の家では「電話用の延長配線コード」が1メートルを超えると、
ラジオが聴けるそうです。