運命 2013.07.17

誰の言葉でしたか忘れましたが、
「運命はどもりながらやって来る。」と言うのがあります。
ベートーベンの「運命」交響曲第五番の始まりを文字にすると、、、
「ジャ、ジャ、ジャ、ジャーン、、、、、」という事で、
まるで石ころにつまづいた時のように、、、
あるいは、歌舞伎の六方のように、、、
「おっとっとっと」と、
「運命」の前には、何らかの予兆が波のようにやって来ている。らしいです。

運命と言う物の定義ははっきりしませんが、
毎日が六方を踏んでいるような有様ですから、
早く運命に遭ってみたいような、、、みたくないような、、、