型番:♯143
2002年11月27日修理完了
故障内容 :1)振り子がすぐに止まってしまう
      2)鳩が鳴かない
時計番号 :#143

故障原因 : 1)子鳩(時計下で揺れている鳩)が木枠に当たっていました。また、内部の針金のリンクが外れていました。
2)ムーブメント(時計機構)が鳴くときの位置がずれていて、鳴き残りで途中で終了してしまうためと思われますが、新しいものと交換いたしました。

修理内容 : 1)子鳩機構の調整
       2)ムーブメント取替え
       3) 屋根飾りの取り付けがひとつ破損していたので、当方にあったものを取り付けました。
       4)外観掃除
川越市一丸様
子鳩が動く
子鳩を動かす仕組み
(お客様のコメント)
29年前に初めて時を刻んだ、この鳩時計が復元しました
 想い出が次々と巡って参ります
 鳩時計って不思議な魅力がありますネ
 こんなハッピーな気分にさせて頂き、ありがとうございました
 今後とも宜しくお願いいたします
鳩時計修理の記録(3)
お問い合わせは
メールはこちら
電話:0265(25)7319 平田まで
      
ぽっぽの時計屋 HOME へ
Copyright (C) 2002-2006 poppo