2003年2月25日修理完了
時計型番 : QH-24(♯24)
      重錘・鎖が三本あり、鳩が鳴き終わってから、もう一方の扉が開き人形が顔を覗かせてオルゴールが鳴ります。
故障内容 : オルゴールの回転が遅い
       時針折れ

修理内容 : オルゴールの回転速度の改善。マド、開閉機構の改善
 鳩の交換(鳩の羽部分が欠損していましたので、新しいものを付けました)
 ムーブメントの給油と調整、笛上げ軸の交換
 外観塗装の修正(マド脇の部分)と全体へのクリアー塗装
 時針、分針の交換
いかりや 様
鳩時計修理の記録(9)
人形
オルゴール
  1. オルゴールの回転が遅い原因は、赤丸の風邪きり羽根の軸受けが固かったため。
  2. 人形のマド開閉の不具合は青色の人形押さえ棒の柱のぐらつき(遊び)が大きすぎるため、パッキンの欠損かも知れません。
お問い合わせは
メールはこちら
電話:0265(25)7319 平田まで
      
 ぽっぽの時計屋 HOME へ
Copyright (C) 2002-2006 poppo
OH-24
Sankyo ORGEL
月の砂漠
左が鳩右が人形の窓
内部