お問い合わせは
メールはこちら
電話:0265(25)7319 平田まで
      
 ぽっぽの時計屋 HOME へ
Copyright (C) 2002-2006 poppo
2003年10月17日修理完了
時計型番 : 型番AHー71
故障内容 : 鎖が降りない
修理内容 : 
鎖が降りて来ない。  ⇒鎖の掛かる歯車から外れていました。
鳩打ちがうまく回数を取らない。⇒ 櫛歯 という回数を刻む部品が変形していました。
鳩鳴きが早い ⇒ 風車のカシメを修正しました。
時計機構 ⇒ 葉車軸受けが磨耗して楕円形の穴になっていましたので、手持ちのものと交換しました。
テンプの部品の交換
カレンダー機構の掃除        
筒井 様
時計内部
木彫が丁寧、カレンダー標示付
鳩時計修理の記録(18)
カレンダー機構
文字盤は木製
(お客様のコメント)
半分あきらめていた鳩の声を聞いて涙が出るほど感激しています。
この鳩時計には、小学生の時、亡くなった父が買ってきて、
そのあと、9年前に亡くなった母の思い出がたくさん時に刻まれていました。
「母は、おもりが下がりすぎると、時計が止まるからね・・・」といつも口癖の
様に言っていたことが、鳩の鳴き声を聞いていると最近のことの様に
思い出されます。
今、私が母となり、娘二人に「この時計は、今はもう珍しくなったが、この
錘で動いているんだよ」と説明して、夜9時に鳴いている鳩を家族4人で
聞きました。