お問い合わせは
メールはこちら
電話:0265(25)7319 平田まで
      
ぽっぽの時計屋 HOME へ
Copyright (C) 2002-2008 poppo no tokeiya
2004年3月18日修理完了
時計型番 : ふくろう時計(協和精工製)
修理内容。
@ 目玉が動かない⇒ムーブメントと目玉機構とのリンクの調整
A 止まってしまう⇒ムーブメントの分解修理
B 振り玉が落ちる⇒真鍮のねじに針金の通る穴を開け、ナットで止めるものを作成
C 時針・分針が劣化してがたがたになっていたので、アルミの針を改造して取り付け
D 外観掃除・塗装の補修 
E 錘を引き上げる時にと止まってしまう⇒振り子を重くしてみたら、振り子が振れなくなってしまった。
振り子で目玉も動かしているため、振り子を軽くしてあるものと思われ、問題解決ができなかった。
「静かに引くと止まらない時もある」ということにしてもらいました。   
岩瀬 様 
止め具作成
振り子に合わせて目玉が動く
鳩時計修理の記録(35)
錘で動く。振り竿と目玉がリンクしている
    
私が子どもの頃、父がふくろう時計を買ってくれまして、それは昭和30年代でしたので、手塚製だったと思います。
引越しで失くしてしまって、それからずっと、またふくろう時計にめぐり合いたいと思っていましたら、 先日、ネットオークションに出ていましたので、 購入致しました。
来てしばらくは動いていたのですが、2,3日後時間を調節しようと振り子をいじりましたら、 振り子の玉の穴が大きくなって振り子がとれてしまいました。
また機械の方も具合が悪くなって手で振り子を動かしても動かなくなってしまいました。
また目玉も動かなくなってしまいました。
この時計はKyowa(協和)製と書いてあるのですが手塚製のふくろう時計とそっくりなので修理をお願いしたいと思ったのですがやっていただけるでしょうか。
* * * * * *
今朝、ふくろう時計が着きました。
さっそく壁にかけて動かしてみました。
目玉も文字盤も針も綺麗になって見かけが良くなった上に、時計の動きもよく、 今も元気に目玉を動かしています。
鎖はまだ引っ張っていないのですが、静かに引いてみます。
ふくろう時計が我が家の居間で動いているのを見ると幸せな気持ちになります。 大切に使います。どうもありがとうございました。これからもなにかありましたら、よろしくお願い致します。
お客様のコメント