飯田日中友好協会
 リンク先 →
   
平和友好の原点を大切に
nihao-iida
ようこそ飯田日中友好協会へ
飯田日中友好協会ホームページ
 
    飯田日中友好協会訪中のお知らせ

                 

  年頭のごあいさつ 
  
  満蒙開拓平和記念館『セミナー棟』増築への更なる
 ご協力を
           飯田日中友好協会長  清水可晴
 
  新年明けましておめでとうございます。
 会員の皆様方におかれましては、お元気で初春を 迎えられたこととお慶び申し上げます。
昨年は、日中平和友好条約締結40周年の年でありました。この40周年を記念して、9月5日〜9日までの間。黒竜江省哈爾浜、方正県、大八浪を訪問し、17名の皆さんにご参加頂き中国との友好交流を深めました。
特に泰阜支部から8名が参加頂き、泰阜村から多大な補助を頂きました。
 戦後70余年を過ぎた今、当時の開拓地の集落は変わり、高齢化している帰国者の参加はありませんでしたが、私たちは次世代に満蒙開拓の史実を伝える使命があろうと思います。
 また9月22日には平岡ダムの中国強制連行殉難者の慰霊祭を、天竜村、中部電力(株)をはじめ関係団体のご協力のもと取り組むことが出来ました。この忌まわしい史実も風化させてはいけません。
 さて、昨年からご協力頂いて取り組んでいる、満蒙開拓平和記念館『セミナー棟』増築計画は、次世代の若い皆さんに、満蒙開拓の史実をとおして平和の尊さを継承する、平和教育の拠点として重要な事業です。今秋のオープンに向けて、 長野県日中友好協会をはじめ多くの皆様にご支援を頂いておりますが、事業完結に向けて協会を上げて更なるご支援 をお願い申し上げます。
 本年は、中国建国70周年の年であります。巨大な変化を遂げている中国の現状に関心を寄せ、地区友好協会として 更なる、日中友好運動を発展させましょう。
 最後に、会員の皆様とご家族のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げますとともに、飯田日中友好協会事業に一層 のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  

 「中国帰国者への理解を深める県民のつどい」開催のお知らせ

◎ 日時:2月3日(日曜日)午前10時から15時まで
◎ 場所:ホテル犀北館/(長野市県町(026-235-3333)
◎ 内容:@帰国者の意見発表A満蒙開拓平和記念館からのおしらせ
      B懇親交流会
◎ 参加費:2000円(帰国者1000円) 
◎ 主催:長野県・長野県日中友好協会中国帰国者センター

 是非、大勢の方々のご参加をお願いします。
  お申し込みは、お住まいの市役所、役場又は、
  飯田日中友好協会事務局(090-4094-2084)にお申し込みください。

   

    
中国の養父母の存在を知って
          「日本人孤児養父母展示パネル」貸し出しをしています。

        「飯田日中友好協会では、多くの中国残留孤児を育ててくれた、中国養父母連絡会
        の協力を得て、中国養父母と日本の孤児たちの理解を深めるため、展示パネルの
        貸し出しを行っています。ご希望の団体等は、下記にご連絡ください。
         ※お問い合わせ連絡先/飯田日中友好協会事務局(090-4094-2084)
      



  
   県日中・友好短信〈saisinーjyoho〉を見よう←このページ末尾から以前の友好短信をご覧頂けます。






           




     ◇ 泰阜村と中国方正県との友好締結20周年記念事業が開催されました。
         ・ 開催概要は下記の通りでした。
          日時:11月16日(木)10時より14時まで
          場所:泰阜村「あさぎり館」にて
        ・ 20周年記念事業実施結果の詳細は、ここをクリックしてご覧ください。


     飯田日中では、第27次中国留学生4名のホームステイを7月25日〜27日の間行いました(新聞記事参照)
       
飯田市長ならびに飯田保健節事務所長の表敬訪問をはじめ、川本喜八郎人形美術館、満蒙開拓平和記念館の見学や
         ホストファミリーとの交流など、2泊3日の飯田地方での見学・ふれあい交流など心の通う交流事業を行いました。

       ※2017.07来飯の張頴様から4名を代表してお礼のメールがありました。ご覧ください。
       
※南信州新聞に『ある中国人の飯田の印象』として掲載されました。ご覧ください

    

      飯田日中友好協会第55回(2017年度)定期大会開催結果報告(大会報告)
     
     
      2017年度活動方針(全文)はここから

      2016年度活動報告(全文はここから